消費者金融と銀行カードローンの審査の違い

 
銀行カードローンと消費者金融の差

お金を借りようと考えた場合、銀行カードローンか消費者金融で借り先を、選ぶことになります。当たり前ですが、融資を受けられる審査基準について、

 

銀行カードローン
消費者金融

 

それぞれに差がありますので、同条件で審査を通しても結果は一緒だとは限りません。

 

銀行カードローンと消費者金融の審査基準の差は色々あります。

 

例えば、
掛けられる金利の差だったり
借り入れする際の融資額であったり
そのような部分が、主に変わってくる所だと思います。。この様な審査基準に使われる条件の違いが、銀行カードローンと消費者金融との差に繋がります。

 

銀行カードローンの適用条件の差

銀行カードローンと消費者金融との適用条件の差としてあげられるものに、総量規制が基準として採用されるのかというポイントです。

 

賃金業法の規定にもある総量規制は、消費者金融または賃金業者から借り入れ金額が年収の3分の1を超えて借り入れられないと決められているものです。このことから、消費者金融の借り入れ審査には、
今の収入額が何万円なのか?
今まで借り入れをした金額は全額で、総量規制よりも下回っているのか?
この様なポイントを調べられます。銀行カードローンで審査される場合は、賃金業法とは違い銀行法が基になっているので、総量規制での審査はありません。このことから、借り入れが年収の3分の1以上でも法律の上では借り入れられる事が可能です。

 

借り入れ金額が銀行カードローンでは多く借りられると言う事ではなく、審査によって金額が変わります。この様な、銀行カードローンと消費者金融の審査の条件が違うという事を知っておいた方が良いでしょう。

 

銀行カードローンと消費者金融と一緒の基準

銀行カードローンと消費者金融の基準には同じ所もあります。例として、借り入れできる年齢が、銀行カードローンも消費者金融もハタチを超えていることです。

 

20歳未満は借り入れ申請が出来ません。他にも、銀行カードローンには総量規制が適用されないとしても、収入がいくらなのかは借り入れ条件に大きく関係があります。例外も一部ありますが、借り入れするためには、
収入額毎月安定している事が大切
この様なポイントも消費者金融と一緒で銀行カードローンだからといって違いはありません。審査に使われる法律は違いますが、審査によって、返済できる力があるのか調べられるということでは同じです。