在籍確認が出来ない事情ならどうなるのか?

 
カードローンを申し込むと、すぐに在籍確認の連絡が来ます。

しかし、理由があって在籍確認が出来なかったらどうなるのか、気になる問題ではないでしょうか。

 

在籍確認できなかった場合どうなるのか、そうなった場合どうすれば良いのかについてここで説明します。

 

■在籍確認が出来なかったら申込が拒否される

カードローンの申し込みをすれば、すぐに在籍確認の連絡が来ます。その在籍確認で、本人に返済能力があるかを確かめられなければ、契約を進める事は出来ません。

 

その先は具体的な審査が始まり、他の会社で借金はないか、今までに返金を延期したことはないか、というようなことを確認していきます。

 

在籍確認が出来なった場合、申込者は無職か勤務先の申請で嘘をついていたと思われてしまい、申込が拒否されてしまいます。

 

在籍確認が出来なければ、もし借金もなくきちんと返済してきたとしても、契約が先に進むことはありません。

 

よって、在籍確認は非常に重要視されるものであるため、不在の為在籍確認が出来なかったという事にならないよう、事前に電話がかかってくる日時をある程度把握しておく必要があるでしょう。

 

■在籍確認出来ない場合って、どんな時?

在籍確認が出来ない場合と聞くと、多くの人は本人が電話に出られなかった場合ではないかと思うのではないでしょうか。もし本人が電話に出れなかった場合でも、申込者がその職場に勤務しているということが分かれば、在籍確認は出来たと見なされます。

 

例えば、申込者本人が営業の為外出している間に在籍確認の連絡があったとします。その際、職場に誰もいないなんて状況はほとんどありませんよね。

 

誰かいれば電話に出て、申込者本人がその職場に勤務していると答えてくれたら確認が取れます。カードローン会社の人に「○○さん(申込者)はいらっしゃいますか?」と尋ねられた場合、電話に出た人は、「○○は今外出中です。(申込者)」と答えるでしょう。

 

この回答を聞いて、申込者が実際に申請した職場に勤務していることをカード会社は確認でき、在籍確認できたと見なされます。

 

なので、本人が必ず電話に出なければならないというわけではなく、電話がある時間帯に職場に誰かいるという環境であればいいのです。