在籍確認の審査をする理由とは?

 

自動車やマイホームなどの高い買い物をする際、一般的にカードローンを組んで購入するかと思います。カードローンで購入を申し込む場合、在籍確認をする必要があります。

 

ここでは、在籍確認について紹介していきます。

 

在籍確認って何?

在籍確認というのは、カードローン申込先のカード会社が申込者へ行う本人確認で、カード会社に申請した申込者の職場へカード会社が連絡をするのもです。

 

本人確認であれば、申込者の家に直接連絡して在籍確認すればいいんじゃないの?と考える人も少なくないのではないでしょうか。

 

ですが、カード会社が一番確認したいのは申込者がローンを返金できるのかという事です。

 

簡単に言えば、仕事をしていない人は返済能力が見込めないというわけです。

 

収入額にも関係しますが、きちんと働いている人であれば返済能力があるとは考えられます。

 

カードローンの申込をする程度で職場に電話してくるなんて、オーバーなのではないかと思う人もいるかと思います。

 

しかしながら、申込者に対して直接連絡して在籍確認を行います。カード会社の電話に対して本人が出て、申込者の名前・生年月日・住所などを確かめて終了となります。思っているより時間のかかるものではないので安心してください。

 

カード会社の中には、申込者の職場への連絡を個人の名前で電話する会社もあるので、職場の同僚に知られる心配はありません。

 

在籍確認はなんで必要なの?

ここで気になるのが、在籍確認がそんなに必要なのかということです。カードローンの審査とは言っても、職場に電話してまで在籍確認する必要があるのでしょうか?

 

きちんと返済できる能力があると思う方は、余計にそう思うのではないでしょうか。

 

職場にまで電話してくるなんて迷惑だと思うかもしれません。

 

もし一括で支払えるのなら一回で購入が完了するため、現金を準備できれば購入する人がどんな暮らしをしていても関係ありません。しかし、購入金額にも左右されますが、カードローンを組むとある程度の期間返済を続ける必要があります。

 

ということは、カードローンを申し込んでいる人対して、にカード会社が信用してお金を貸しても良いか確かめなければならないのです。

 

返金できる能力のない相手に対して100万円、200万円の大金を貸すことが出来ますか?

 

たとえ個人的にお金の貸し借りをする場合でも、相手が返済可能なのかを確かめますよね。

 

申込者が信用できるか相手かどうか確かめるためにカード会社がまず確認したいのが、今も申請した職場で働いていて、収入があるかという事です。

 

それを確かめるために、在籍確認をしなければならないのです。